変化球 投げ方 コントロール コツ

MENU

変化球の投げ方 コントロールも身につく最強のコツはこれだ!

プロのサポート付きで、コントロールのある切れのいい変化球の投げ方を習得しませんか?
変化球が上手く投げられますか?

野球での投手が投げる変化球の種類には、主にカーブ、スライダー、シュート、フォーク、チェンジアップなどがあり、投げられる球種を増やすことで、バッターの狙いを定めにくくすることが出来ますね。

 

小学生や中学生でのピッチャーなら、変化が大きく投げやすい変化球を身につけたいと思っている人も多いでしょう。
高校でピッチャーをしているなら、縦に変化するスライダーには比較的自信があるが、他のカーブなどの変化を投げようとしても同じような変化になり、カウントをとりにいけないなどの悩みも少なくありません。

 

ですが、そのような悩みもプロが教える変化球の投げ方のコツと上達練習法を知れば、最短でコントロールがいい切れのある変化球が投げられるようになれます。

 

コントロールの良い変化球で配球の組み立てを楽にしよう

変化球はカウントを稼ぐ場合と、勝負をする場合があり、通常はカーブやスライダーなどの横の変化でカウントを稼ぎ、縦に変化するフォークなどがバッターから空振りをとる勝負球に適していると言われています。

 

 

また、試合では回を追うごとに状況が変わってくるので、力の入れ具合も変えなければいけませんね。
最初から最後まで全力投球では体が持たないので、立ち上がりは7割から8割くらいの力で投げ、勝負球は全力で投げ、それ以外は状況をみて判断するなど、力の入れるところと入れないところを使い分ける必要があるでしょう。

 

 

また、いくら球速に自信があっても、同じボールばかりだと、バッターのタイミングもあってくるので、適度に緩いカーブなどの変化球も混ぜても配球を組み立てることが大切でしょう。
例えば、チエンジアップなどを上手く使ってタイミングを狂わした後は、真ん中に投げても打たれにくいものですね。

 

 

更に、疲れて来たら制球力で逃げるという手もありますが、いずれにしても力を入れない時は、変化球も含めたコントロールである制球力がキーポイントになります。
球速がストレートより遅い変化球は、基本は低めに投げることを意識しておかないとスピードがない分、コースが甘いと打たれてしまうので、コントロールが良くないとバッターを打ち取ったり、ゲッツーなどもとれません。

変化球は正しい投げ方が大切です!

そして何より大切なのは、変化球は正しい投げ方をしなければ、十分な変化を生み出せても思い通りのコースに投げ込むことは難しいです。

 

 

ですが、そのような悩みもプロが教えるわずか1ヶ月で見違えるコントロールが習得した変化球の投げ方を学べば、

安定してストライクが入り、補欠から先発ピッチャーなれる。
変化球でカウントがとれ、切れのある勝負球が決まる。
故障しないフォームが身につく。
変化球やストレートのコントロールが良くなることで、配球の組み立てが楽になり幅が広がる。
ゲッツーを打たせて打者を打ちとることで、野手の守りのリズムが良くなる。
球数が少なくなり、先発完投が出来るようになる。

 

など、このように試合で大活躍でき、理想とする自分に近づくことができるようになれるのです。
そして、重要なのはコントロールがよくなる変化球の投げ方のコツを「知っているか」「知っていないか」「やるか」「やらないか」で、今後の結果が大きく変わってくると言っても過言ではないでしょう。

 

 

そんなプロが教えるコントロールが良くなる変化球の投げ方(フォーム)から、大事な場面で安定してストライクをとれる投球術は下記から詳しくご覧になれますので、ライバルに差をつけて試合で活躍したいなら、一度その内容をチエックしてみると良いでしょう。

 

 

 

★180日間の回数無制限の個別メールサポート付き!

★安心の180日間の返金保証あり

 

商品内容:DVD2枚組(DISC1:68分、DISC2:57分) 、送料無料です。

 

 

篠塚和典の打撃バイブルDVD