変化球 投げ方 コントロール コツ

MENU

変化球の投げ方のコツ

ここでは変化球のボールの握り方や投げ方のコツを中心にお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

変化球の投げ方のコツ記事一覧

野球でのピッチングの基本はストレートですが、中学生以上になってバッターのレベルが上がってくるとストレートだけでは抑えられない場面も増えてきますね。そうした時に、変化球が必要になってくるでしょう。そして、変化球の球種が増えればピッチングの幅が広がりますが、それが思ったところにコントロール出来なければいけませんし、ストレートが走らなければ変化球も生きてこないのです。また、変化球と直球であるストレートの...

カーブが上手く投げることが出来ますか?カーブは最も覚えやすく、大きく曲がることから変化球の中でも基本的なオーソドックスな球種と言えるかも知れませんね。実際に、ストレートとカーブの組み合わせのコンビネーションで投げるピッチャーも多いものです。そして、カーブの握り方の基本は、中指をボールの縫い目にしっかり掛けることです。投げる時に中指に力を入れることでカーブ回転が生まれます。ストレートは、人差し指と中...

スライダー投げ方をご存じですか?バッターの内角を攻めるシュートは対照的に、スライダーはバッターから逃げていく変化球ですね。そして、カーブが縦に大きく曲がるのに対し、スライダーは横にクッと小さく曲がります。その為、バッターの手元でボール2個分程度スライドします。スライダーの握り方はカーブと同じですが、中指をボールに添える位置が違ってきます。ボールの中心は避けて、やや外側に掛けます。(親指の位置は同じ...

シュートの投げ方をご存じですか?シュートは、打者に食い込んでくる変化球であり、攻める球とも言えますが、三振を取るより1球で打者を打ち取る為のボールと考えた方が良いでしょう。ストレートの軌道から、ボール2個分ほどバッターの手元に食い込ませて打ち取ります。このように、バッターに近めを意識させることが出来るので、使い方によっては大きな武器になり、ピッチングの幅も広がります。ですが、特に軟式野球では金属バ...

チェンジアップの投げ方をご存じですか?スピードの変化をつけてバッターのタイミングをずらす変化球がチェンジアップで、ストレートを投げる腕の振りで同じで、フォークとは反対に指先に力を入れないで投げるのがコツです。軟式も硬式も基本的には投げ方は変わりませんが、一般的なチェンジアップの握り方は、親指と人差し指で輪を作り、手のひらでボールを包みこんで投げ、この時に中指、薬指、小指の外側の3本の指で押し出すよ...

フォークボールを上手く投げることが出来ますか?ストレート同じ軌道で、打者の手前でボールがストーンと落ちるのがフォークボールですね。特にピンチでランナーを背負っている時などに空振りをバッターからとりたいときなど、ウイニングショットとして使える最も有効な変化球とも言えるで、フォークボールの投げ方をしっかりマスターしておくと良いでしょう。ただ、フォークボールはカーブなどの指先で変化させるものとは違い、指...

シンカーを上手く投げることが出来ますか?右投手が投げるシュート回転しながら沈むボールをシンカーと言いますが、同じ変化球でも左投手の場合にはスク流―ボールと呼ばれています。スピードはあまりありませんが、落差があり、シンカーは右バッターの膝元に沈んくるので目がついていかないので、勝負球となる最も大きな武器になるとも言えるでしょう。分かりやすいシンカーーの投げ方の動画があったので、見て下さい↓↓このシン...

カットボールの投げ方をご存じですか?この変化球は、ストレートの軌道からバッターの手元で少しだけ曲がる球です。バッターがスイングした時に、ボールの1個分から1個半ほど右打者の外側、左打者の内側にスライドして、バットの芯を外して、打球をつまらせることが出来ます。そんなカットボールの握り方は、基本的にはストレートの握り方と同じですが、中指と人差し指をやや右にずらし、人差し指がボールの中心にくるようにして...

野球には様々な変化球がありますが、それに頼りすぎるのも良くありませんね。ピッチャーの基本はストレートであり、試合の中で多い人は8割、少なくても5割程度は投げているので、如何にストレートを磨くかが大切になり、結果的にはそれが他の変化球もいきてくるようになります。特に野球での変化球は落ちる系になり、それをいかす為には低めの速球(ストレート)が有効になります。また、ストレートの球速は変化をさせることで、...

ナックルボールが投げられますか?この変化球は、ボールを離すリリースの時に手首を使わずにボールに爪を立てるような感じにして、はじき出すようにし、ボールの回転を抑えるのがナックルです。スピードは遅いですが、打者の手元で左右に不規則に揺れながら落ちるので、ジャストミートするのが難しい変化球です。その為、投げるピッチャーも捕球するキャッチャーも変化を予想しずらいでしょう。そんなナックルのボールの投げ方は、...