カットボール 投げ方 変化球 コントロール コツ

MENU

カットボールの投げ方

カットボールの投げ方をご存じですか?
この変化球は、ストレートの軌道からバッターの手元で少しだけ曲がる球です。

 

 

バッターがスイングした時に、ボールの1個分から1個半ほど右打者の外側、左打者の内側にスライドして、バットの芯を外して、打球をつまらせることが出来ます。

 

 

そんなカットボールの握り方は、基本的にはストレートの握り方と同じですが、中指と人差し指をやや右にずらし、人差し指がボールの中心にくるようにして、ボールの右半分を握るようにします。

 

 

そして、カットボールの投げ方は、ストレートを投げる感覚で、テークバックで腕を後ろに引いて、リリースする瞬間に人差し指でボールを切って横の回転を掛け、そのまま腕を振り切ります。

 

 

右ピッチャーなら右打者に対しては、急激に外角のコースに曲がるスライダーよりもボールにスピードがあるので、力勝負もできるでしょう。
左打者なら内角に切り込んでくるので、さしこまれてつまらせることが出来るので、ゲッツーなど狙う時にも有効でしょう。

 

 

また、左ピッチャーなら右バッターに対しては、内角に食い込んでくるので、ダブルプレー狙いの配球には有効ですね。
左バッターに対しては、真ん中からアウトコースに逃げて行く変化球になるので、バットの芯を外して、ゴロや凡フライに打ち取りやすくなるでしょう。

 

 

じずれにしいても、バッターのレベルが上がってくれば、ストレートだけで打者を抑えきることは難しくなります。
どんなに速いストレートが投げられたとしても、いつかはタイミングを合わされて打たれてしまうでしょう。
その為、まずはカットボールやシュートなどのストレート系の変化球で、コントロールよくコーナーぎりぎりに投げ分けて、打者を泳がせたり、腰を引かせたりしてみましょう。

 

 

ただし、カットボールはあまり早くにボールを切るとスピードが落ちるので注意しましょう。

 

 

制球力のある変化球の正しい投げ方をお教えします!