ナックル 投げ方 コントロール コツ

MENU

ナックルの投げ方

ナックルボールが投げられますか?
この変化球は、ボールを離すリリースの時に手首を使わずにボールに爪を立てるような感じにして、はじき出すようにし、ボールの回転を抑えるのがナックルです。

 

 

スピードは遅いですが、打者の手元で左右に不規則に揺れながら落ちるので、ジャストミートするのが難しい変化球です。
その為、投げるピッチャーも捕球するキャッチャーも変化を予想しずらいでしょう。

 

 

そんなナックルのボールの投げ方は、親指と小指でボールを左右から挟み、人差し指、中指、薬指を折り曲げてボールを押さえて握ります。
腕の振りは速球と同じですが、ボールを離す瞬間に折り曲げていた人差し指、中指、薬指の3本を伸ばし、はじき出すようにし、腕を振るというよりは押し出して投げるという感覚が必要になります。

 

 

なお、優れたピッチャーの第一条件は速球です。
威力のある球をコントロール良く投げれれば、それだけでバッターの脅威になります。

 

 

そして、速球の威力を更に活かすのが変化球になり、打者はスピードのあるストレートに手こずるだけでなく、速球と変化球のタイミングの違いによって手も足もでなくなるのです。
したがって、ナックルも正しい投球フォームで同じように投げられるようにしなければいけません。

 

 

制球力のある変化球の正しい投げ方をお教えします!