スライダー 握り方 投げ方 変化球 コントロール コツ

MENU

スライダーの投げ方のコツ

スライダー投げ方をご存じですか?
バッターの内角を攻めるシュートは対照的に、スライダーはバッターから逃げていく変化球ですね。
そして、カーブが縦に大きく曲がるのに対し、スライダーは横にクッと小さく曲がります。

 

 

その為、バッターの手元でボール2個分程度スライドします。
スライダーの握り方はカーブと同じですが、中指をボールに添える位置が違ってきます。ボールの中心は避けて、やや外側に掛けます。(親指の位置は同じ)

 

 

また、スライダーの投げ方は、手がトップの位置にある時はストレートと殆ど変りません。そして、そこから投げ始める時にカーブは縦に手首を切るよにして投げますが、スライダーは斜めに切るようにして投げるのがコツです。
中指はあくまで添えている程度で、投げる瞬間に力を入れるようにします。

 

 

そして、横にスライドしてアウトコースのぎりぎりの際どいとこりろに決めることが出来れば、右打者のバットの芯を外すことも出来るので打ち取りやすいです。
変化球で三振を取りたいなら、勝負どころでこのようにスライダーを使って、ボールになる変化球を投げるのも効果的でしょう。

 

 

なお、横の回転をかけるスライダーは、投げ続けるうちに肘が徐々に下がってきやすいので、全身を使って投げるように意識を持つことが大切です。

 

 

変化球の正しい投げ方をお教えします!