シュート 配球 変化球 投げ方 コントロール コツ

MENU

シュートの投げ方と配球

シュートの投げ方をご存じですか?
シュートは、打者に食い込んでくる変化球であり、攻める球とも言えますが、三振を取るより1球で打者を打ち取る為のボールと考えた方が良いでしょう。

 

 

ストレートの軌道から、ボール2個分ほどバッターの手元に食い込ませて打ち取ります。
このように、バッターに近めを意識させることが出来るので、使い方によっては大きな武器になり、ピッチングの幅も広がります。

 

 

ですが、特に軟式野球では金属バットを使うので、真ん中付近に入ってくるシュートは弾き返されやすいので、配球を間違えないように、打者に内角を意識させる「見せる」という技術も必要になってくるでしょう。

 

 

そして、シュートの握り方は、2本の縫い目に指に掛けて、ボールを離すリリースの際に人差し指で押しだすように投げます。基本的にはストレート投げ方は同じです。
また、横に変化させてゴロを打たせたい時は深めに握り、シンカー気味に沈むシュートを投げると良いですね。
抑え込むように投げるとボールの威力が増してきます。

 

 

逆に浅く握って、指を滑らすように投げれば横に変化しやすいです。
投げるコースは胸元からベルトあたりがバッターを打ち取りやすいです。反対に低めになると、腕を伸ばせば打たれやすくなります。

 

 

シュートを交えた内角の配球としては、ノーストライク・ツーボール、ワンストライク・ツーボール、ワンストライク・スリーボールというバッティングカウントの投手の不利なカウントになったら、打者は打ってくる確率が高くなるので、そこで打者を打ち取るシュートなどのインコースを投げます。

 

 

ただ、バッターに見逃されると苦しくなりますが、迷いは禁物です。中途半端が一番良くないので、勝負と決めたら迷わずに投げ込むようにしましょう。

 

 

なお、シュートは人差し指をボールの縫い目にかける際に、あるコツがあります。実際に文章では分かりにくいことも、映像(動画)で見ていただければお分かりになります。

 

死球にならない安定的な制球力で、打者をのけぞらせるシュートを投げるための練習方法とは?