チェンジアップ 握り方 変化球 投げ方 コントロール コツ

MENU

チェンジアップの投げ方(握り方)

チェンジアップの投げ方をご存じですか?
スピードの変化をつけてバッターのタイミングをずらす変化球がチェンジアップで、ストレートを投げる腕の振りで同じで、フォークとは反対に指先に力を入れないで投げるのがコツです。

 

 

軟式も硬式も基本的には投げ方は変わりませんが、一般的なチェンジアップの握り方は、親指と人差し指で輪を作り、手のひらでボールを包みこんで投げ、この時に中指、薬指、小指の外側の3本の指で押し出すようにします。
親指と人差し指はボールに添える程度で、残りの3本の指と手のひらでコントロールをつけます。

 

 

両サイドのコントロールは要求されませんが、低めを意識して投げることが大切で、如何に指先の力を抜くかが上手く投げられるかどうかのポイントです。そして後は思い切り腕を振ることです。

 

 

この感覚は練習を繰り返し、体で覚えるしかありません。
また、もっと力を極端に抜こうと思えば、中指と薬指の間から抜くチェンジアップの握り方もあります。

 

 

この握り方で投げると、ベース上でボールが不規則な回転をして、スピードの遅いややシュート回転しながらふわりと落下していく変化をします。
いずれにしても、チェンジアップは、投げ方などのピッチャーの個性よるところが大きいので、練習で色々な握り方を試してみると良いでしょう。

 

 

制球力のある変化球の正しい投げ方をお教えします!