フォークボール 変化球 投げ方 コントロール コツ

MENU

フォークボールの投げ方

フォークボールを上手く投げることが出来ますか?
ストレート同じ軌道で、打者の手前でボールがストーンと落ちるのがフォークボールですね。

 

 

特にピンチでランナーを背負っている時などに空振りをバッターからとりたいときなど、ウイニングショットとして使える最も有効な変化球とも言えるで、フォークボールの投げ方をしっかりマスターしておくと良いでしょう。

 

 

ただ、フォークボールはカーブなどの指先で変化させるものとは違い、指の内側で握って抜いて投げる球なので球は無回転になり、指の内側の筋肉でしっかり支えるようにして投げないと安定しません。

 

 

そして、フォークボールの握り方は、人差し指と中指で挟み込み、親指を下に添えてボールを投げると真下にストーンと落ち、浅く握れば遅く変化しますし、反対に深く握れば速く変化するので、スピードの変化もつけられるようにしておきましょう。

 

 

更に、普通のフォークの握り方は親指を真下にしますが、横に親指を添えれば若干スピードは落ちますが、シンカー気味になりシュート回転して曲がりながらボールが沈んでいき、右投手なら右バッターのインコースに向かって沈んでいくように変化します。

 

 

また、フォークを投げる時に気をつけたいのが指の感覚です。
そのまま人差し指と中指のボールを挟んで投げれば下にストーンと落ちそうな気もしますが、直球以上に指先で押さえ込むようにしないと球がすっぽ抜けてしまいます。

 

 

したがって、リリースする瞬間は指先に力を集中させることが、フォークボールの投げ方のコツです。
なお、指先の内側を鍛えるには、指の間にボールを押し込んで、人差し指と中指の幅が開くようにすると良いでしょう。

 

 

制球力のある変化球の正しい投げ方をお教えします!