変化球 シンカー スクリューボール 投げ方 コントロール コツ

MENU

シンカー(スクリューボール)の投げ方

シンカーを上手く投げることが出来ますか?
右投手が投げるシュート回転しながら沈むボールをシンカーと言いますが、同じ変化球でも左投手の場合にはスク流―ボールと呼ばれています。

 

 

スピードはあまりありませんが、落差があり、シンカーは右バッターの膝元に沈んくるので目がついていかないので、勝負球となる最も大きな武器になるとも言えるでしょう。

 

分かりやすいシンカーーの投げ方の動画があったので、見て下さい↓↓

 

 

このシンカーは器用でないと投げるのが難しいですが、サイドスローやアンダースローの投手が投げると、バッターからするとボールが一瞬浮いて、その後に沈んでいくような軌道をたどるように見えます。

 

 

そして、このシンカーの投げ方は、2シームのように人差し指と中指でシュートを投げるようにする人もいます。
これは中指と薬指をボールの縫い目に沿ってかけ、人差し指を中指と親指の間にかけて、指の比重をボールの左側において握るのです。

 

 

投げ方は、肘から前に出して、親指に圧力を与えてシュートよりも回転を少なくして、人差し指と中指がボールの上側にくるようにして、腕を遅らせる気味に投げます。
このようにすることで、ボールが斜めに左回転して沈みます。

 

 

この握り方でシンカーをマスターするなら、シュートをまずはしっかり覚えて、投げられるようになったら、親指の圧力をボールに強く加えて、ボールの回転を少なくして、腕を遅らせ気味に投げるようにして、シンカーをマスターすると良いです。

 

 

更に、中指と薬指の間からボールを抜くイメージで投げるようにする人もいます。
これは、どちらのシンカーの握り方が良いのかは、個人差があるので、色々試してみて、自分が投げやすいほうにすれば良いでしょう。

 

 

また、左投手のスクリューボールは外へ逃げるボールですが、あくまで狙いは真ん中から外へ逃がすという意識を持って投げるのがコツです。
中指と薬指から抜くような感覚で、少しシュート回転を加えるようにすると良いです。

 

 

いずれにしても、シンカーもスクリューボールもシュートと同じように、内や外に曲げたい、落としたいと言う意識が強すぎてしまうと、体と腕が離れてしまう心配があるので、手からボールを離す時は体から腕が離れないようにすることが大切です。

 

 

なお、シンカーはシュート回転をしながら落ちるので、内野ゴロを打たせやすいので、配球としては無死、もしくはワンアウトでランナー一塁もしくは二塁の時に、ダブルプレー狙いで投げると効果があります。
いずれにしても、シンカーも他の変化球と同じようにコントロールが求められるので、正しい投げ方を習得するこが欠かせないでしょう。

 

 

制球力のある変化球の正しい投げ方をお教えします!