篠塚和典の打撃バイブル DVD レベルスイング バッティング上達 練習法 コツ

このホームページからの篠塚和典の打撃バイブルDVD販売分は全て完売いたしました。

篠塚和典の打撃バイブルDVDは人気商品の為、完売致しました!
変わりと言ってはなんですが、今絶大の人気があり結果出ると評判のバッティングの基本を完璧につめ込んだ「バッティング大辞典」という打撃上達教材がありますので参考にして下さい。


4打席ヒット1本も打てなければ全額返金します!

バッティング大辞典の詳細を見てみる

レベルスイングはバッテイングの基本

バッテイングの基本であるレベルスイングが身についていますか?

 

 

レベルスイングは、上から極端にバットを振り下ろしたり、下の方からすくいあげたりせずに、バックスイングのトップの位置から、バットがボールまで最短距離での軌道でのスイングになり、ミート時にほぼ水平にバットがなることで、ボールが当たる確率が高くなります。

 

 

これは、バットスイングがボールに当たる時に水平になることでボールを線で捉えられるようになるからです。
そして、レベルスイングのポイントしては、肩、腰、膝は平行になるようにし、どちらか一方の肩が上にあがったり、下がったりしないようにすることです。

 

 

また、バットのヘッドは体の近くを通すようにして、その際に脇をしっかりしめます。また、ボールをバットで叩く位置は、お腹のへその前になり、右打者なら左足の親指に力を入れて振り抜くようにします。

 

 

何より、コンパクトなスイングが大切ですので、バットを短く持ってもヒットは打てます。あくまでその時の状況や、自分の最も振りやすい長さにバット持って打つようにしましょう。

 

 

なお、少年野球では間違ったスイングを身につけてしまうと、怪我をしたり、少しピッチャーが良くなると打てなくなってしまいます。
また、その後のスイングの矯正も大変になってきますので、しっかりとした打撃理論をお持ちでない方に指導を受けている場合は、少年野球の指導でありがちな“絶対にやってはいけない”スイングになっている可能性もあるので要注意です

 

 

この篠塚和典の『打撃バイブル』DVDでは、少年野球の指導でありがちな“絶対にやってはいけないスイングが分かるだけでなく、お子さんが正しいスイングができているか簡単にチェックする方法と間違っていた場合の修正方法について分かりやすく説明してあります。これをご覧になれば、お子さんは理に適った力強いスイングができるようになれるでしょう。

 

プロのバッティング上達の秘訣を全て公開!

 

篠塚和典の打撃バイブルDVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 バッティングの基礎知識 リンク集