篠塚和典の打撃バイブル DVD バッティング上達 練習法 コツ 速球に振り遅れない

このホームページからの篠塚和典の打撃バイブルDVD販売分は全て完売いたしました。

篠塚和典の打撃バイブルDVDは人気商品の為、完売致しました!
変わりと言ってはなんですが、今絶大の人気があり結果出ると評判のバッティングの基本を完璧につめ込んだ「バッティング大辞典」という打撃上達教材がありますので参考にして下さい。


4打席ヒット1本も打てなければ全額返金します!

バッティング大辞典の詳細を見てみる

速球に振り遅れないバッティング

速球に振り遅れていませんか?
もし速球に振り遅れているようなら、その原因としてはバックスイングが大きかったり、バットのヘッドが下がっている、バットが振りきれていないことなどが考えられます。

 

 

これらがあると、速い球にタイミングを合わせることが出来ず、バットの先が投手の方向に入り込んでいまっていたり、右バッターなら右肘を後ろに引いてしまっていることなどがあるからです。

 

 

こうした原因で速球に振り遅れているようなら、45度くらいバットを寝かせるようにして打つと振り遅れないようになります。

 

 

また、ボールを打つ際のステップ時に、バットのヘッドが入りすぎてしまうと左肩が上がってしまうようになり、ヘッドが下がってきてしまいます。
また、バットが振りきれていないのは、力がないのにバットを長く持っている選手に多く見られます。

 

 

速い球を狙うなら、一般的に言われているのは、カウントや球種、コースなどで的を絞るなどがあります。例えば、直球ならノーストライク2ボール、1ストライク3ボールなどはストレートを狙い、反対に2ストライクノーボール、2ストライク1ボールなど追い込まれたら、カーブなどの変化球で球種を絞るようにすると良いでしょう。

 

 

コースで絞るなら内角か外角で的を絞り、ストライクなら球種に関係なく打ちに行きます。そして、何より速球に振り遅れないようにするには、投手の球種を観察することが大切です。
あくまでヒットを打って塁に出たいなら、確率の高い方を狙って打ちにいくことがポイントです。

 

 

なお、この篠塚和典の『打撃バイブル』DVDでは、小学生でも130kmの球を弾き返せる“回転を意識した打ち方”が学べます。もちろんわずかな期間で簡単に身につけられるものではありませんが、DVDを繰り返して見て実践すれば、どんな速い球が来ても振り遅れることなく前に飛ばすことができるようになるでしょう!

 

プロのバッティング上達の秘訣を全て公開!

 

篠塚和典の打撃バイブルDVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 バッティングの基礎知識 リンク集