篠塚和典の打撃バイブル DVD バッティング上達 練習法 コツ

このホームページからの篠塚和典の打撃バイブルDVD販売分は全て完売いたしました。

篠塚和典の打撃バイブルDVDは人気商品の為、完売致しました!
変わりと言ってはなんですが、今絶大の人気があり結果出ると評判のバッティングの基本を完璧につめ込んだ「バッティング大辞典」という打撃上達教材がありますので参考にして下さい。


4打席ヒット1本も打てなければ全額返金します!

バッティング大辞典の詳細を見てみる

飛距離を伸ばすスイング

バッターにとってホームランは憧れですよね。
そして、遠くへ飛ばすにはパワーや体力は必要ですが、最も大切なのはバットスイングです。

 

 

飛距離を出す為のスイングの基本となるものには、様々な要素があります。まず構え(スタンス)は、自分にとって無理のない構えをすることが大切です。
自分にとって最も楽な構えをすることで、バットがスムーズに出るようになります。

 

 

また、ピッチャーが投げてきたボールに対して、頭がスイングと一緒に動いてしまうと目線がブレてしまい定まらず、ボールをとらえずらくなりますので注意が必要です。
そして、飛距離を出すにはステップもとても大切ですね。

 

 

例えば、ステップを大きくとってしまうと、それだけ前に体重がかかってしまい腕だけを使ったスイングになりやすくなります。
ですが、逆に踏み出しでのステップを小さくとることで、自然と頭も上下にブレなくなり、バランスよいスイングが出来るようになります。

 

 

その他にも体の軸が崩れたスイングになると、上体が前に突っ込んでしまったり、後ろに反ったりするので、あくまで頭から身体の中心が真っ直ぐになるようにし、体の軸を崩さないようにします。

 

 

そして、打球の飛距離を左右する腰の回転は、肩と腰と膝を同時に回転させ、地面と平行になるようにするとレベルスイングができ、ボールを遠くに飛ばすことが出来るようになれるでしょう。

 

 

この篠塚和典の『打撃バイブル』DVDでは、打球を遠くへ飛ばすために知っておくべきポイントや打球の飛距離を左右する『腰の回転』について一から解説してあり、実際にこれを見た後の練習で、飛距離が10mもアップした子供もいるようです。

 

<飛距離が10mもUP>強い打球を打つ為の腰の動かし方を徹底解説

 

篠塚和典の打撃バイブルDVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 バッティングの基礎知識 リンク集